[実データあり]Pairsの相性を決める基準と実際のデータを暴露

Pairs
マッチングアプリのおすすめランキング

マッチングアプリおすすめランキング



※悪用しちゃダメ!彼女がたくさんできるマッチングアプリは↓をタップ↓
最新版の恋活マッチングアプリのおすすめランキングです!

Pairsに表示されている「相性」の数値が、どうやって決められているのか気になったことはありませんか?

実は相性のパーセンテージは、複雑なアルゴリズムによって算出されている数字なのです。

今回はPairsでほぼ毎週デートしている私がPairsの相性機能についてご紹介いたします!

また記事下部に実際に私がマッチングした相手と相性度のデータを掲載しております。

Pairsの相性とは?

Pairsの相性の数値は、相手とのマッチングのしやすさを表す指標です。

この数値は、Pairsの運営元である株式会社エウレカのAIによる、独自の機械学習アルゴリズム(※1)と、協調フィルタリング(※2)という技術によって算出されています。

つまりPairsで相性の数値が高いユーザーは、過去実績からあなたとフィーリングや価値観が合いそうだと判断された人ということになります。相性の数値は占い程度ではなく、それなりに根拠がある数字なんですね。

登録数600万人というPairsの膨大なデータを利用しており、無料会員のうちから使えることを考えれば、かなりすごいサービスです。

※1 機械学習アルゴリズム
過去実績などのデータから分析を行い、規則性を見つけて結果を予測するための仕組み

※2 協調フィルタリング
実績があるユーザーAをサンプルとして、様々な点で類似しているユーザーBが似たような行動をとると推測し、ユーザーBにAの趣向と似たようなものを推薦するという仕組み

Pairsで出会えなくてお悩みの方、今年こそ恋人を作るための最強攻略法はこちら

毎週Pairsでデートする達人の「Pairsで出会えないワケ6選」「Pairsで出会えない人はどうしたらいいか7選」などの解説が見たい方はこちらをクリック!

Pairsの相性を決めている基準とは?

気になる会員との相性の数値が低いと「気が合わないのかな」と心配になりますよね。いったい何を基準にして、どのように相性のパーセンテージが決められているのでしょうか?

Pairsの運営元である株式会社エウレカCTOの金子氏は、インタビューの中で下記のように回答しています。

「お相手との相性を示すパーセンテージは、趣味や嗜好性など、共通点が多いユーザーほど高くなるように設定しています。ユーザーの登録情報をはじめ、喫煙の有無や居住地の近さ、ログイン時間から割り出される生活スタイル等々……。さまざまな要素から似た部分があるユーザーを抽出し、検索結果画面の上位に表示されるようアルゴリズムを組んでいます。」

引用元: http://hrnabi.com/2017/07/05/14544/

つまり「気になる会員との相性の数値が低い」という原因は、共通点の少なさにあるのです。

ちなみに詳細プロフィールや自己紹介欄だけでなく、メイン写真・サブ写真の表情などもアルゴリズムに関与しています。

プロフィール項目

Pairsでは相性が良いユーザーは検索画面の上位に表示されやすくなります。可能であれば気になっているユーザーと相性のパーセンテージを上げたいですよね。

そこでプロフィール画面に表示される各項目ごとに、相手との相性を高める要素(推察)についてご紹介します。※match-rules編集部の個人的な体験に基づいた推察となります

Pairsプロフ

  • 身長 身長に関するコミュニティ
  • 体型 体型に関するコミュニティ・同一選択肢
  • 血液型 マッチング率の良い血液型
  • 居住地 近くに住んでいる
  • 出身地 同郷、または似た文化圏(関西・東北等)
  • 職種 職種に関わるコミュニティ
  • 学歴 女性は上位、男性は下位の学歴を持つ異性
  • お酒 同一選択肢の相手、酒に関するコミュニティ
  • タバコ 同一選択肢の相手、タバコに関するコミュニティ

基本情報

  • ニックネーム 類似しているニックネーム
  • 年齢 年齢に関するコミュニティ・女性は年上、男性は年下相手
  • 兄弟姉妹 兄弟構成に関するコミュニティ
  • 国籍 同国籍
  • 話せる言語 共通言語の多さ
  • Facebook友達数 facebook友達数の近さ

学歴・職種

  • 学校名 キーワードの類似
  • 職種名 キーワードの類似
  • 年収 女性は自分より高収入の男性、男性は自分より低収入の女性

恋愛・結婚について

  • 結婚歴 同一選択肢
  • 子供の有無 同一選択肢
  • 結婚に対する意思 恋愛観に関するコミュニティ・同一選択肢
  • 子供が欲しいか 子供に関するコミュニティ・同一選択肢
  • 家事・育児 家事育児に関するコミュニティ
  • 出会うまでの希望 同一選択肢
  • 初回デート費用 同一選択肢

性格・趣味・生活

  • 性格・タイプ 性格に関するコミュニティ
  • 社交性 同一選択肢
  • 同居人 同一選択肢
  • 休日 同一選択肢
  • 好きなこと・趣味 キーワードの類似

上記の項目を見てどう思ったでしょうか?Pairsの相性は非常にさまざまな項目に基づいて決定されているんですね!

ログイン時間帯

ログインをする時間帯もPairsの相性のパーセンテージを左右する要素です。

具体的には、オンラインになる時間帯・最終ログイン時期・ログイン頻度から生活リズムを読み取り、似た生活リズムで生活している人との相性が高くなります。

つまり早朝からログインしている朝型の人は、同じく朝型の異性との相性が良くなりやすいということです。

所属しているコミュニティ

同じコミュニティに入っていることも関係しますが、類似しているコミュニティに入っても共通点であるとみなされ、相性の値がよくなる傾向があります。

例えば女性が「猫が好き」コミュニティに入っていれば、「猫と暮らしてます」「猫カフェ大好き」「動物が好き」といったコミュニティに入っている男性会員との相性アップが見込まれるのです。

さらにプロフィールにも相手のコミュニティと関連することなどが書いてあると、Pairsの相性のパーセンテージに影響を及ぼします。

住んでいる場所・出身地

プロフィールに登録している居住地もまたPairsの相性の数値に関係しています。

当然ながら、今同じ都道府県内に住んでいる会員との方がマッチングしやすいですよね。また、出身地が同じであれば親近感を覚えるので、他の出身地よりも相性が高めです。

そのため、同じ居住地・同じ出身地という要素もまたアルゴリズムに作用して、よりPairsの相性の数字が高くなります。

Pairsの相性は変動する?

「昨日までは、気になる会員との相性が80%だったのに、今日見たら70%に…」なんていう経験はありませんか?

前述したとおり、Pairsでの相性の数値はプロフィールや参加コミュニティなどのデータに基づいて算出される仕組みです。

そのため、自分または相手のプロフィールや参加コミュニティなどに変化があれば、当然相性のパーセンテージも変動します。

コミュニティの変更やプロフィール入力後すぐに相性のパーセンテージが変動するわけではありません。私が実際に試したところ数時間おきに変動が見られました。

私のマッチングした異性と相性度との関係のデータ

以下は私(22歳独身男性)が実際にPairsでマッチングした異性と相性度との関係です。

  • 95% 24歳 看護師
  • 55% 23歳 会社員
  • 57% 19歳 学生
  • 57% 25歳 接客業
  • 95% 22歳 看護師
  • 67% 22歳 美容師
  • 64% 21歳 学生
  • 67% 21歳
  • 70% 21歳 学生
  • 70% 21歳 学生
  • 61% 21歳 学生
  • 69% 20歳 学生
  • 72% 19歳 学生

以上のデータから受ける印象としては、相性度は50%~90%までとてもばらけているということでしょうか。

本当にPairsでの相性度がマッチングしやすさと関係しているのなら、ほとんどの人が80%~90%台になってもおかしくないはずです。

今回の数値から言えることとしては、「Pairsでは相性はあまりマッチング率と関係ない」というところでしょうか。

私の考えるPairsの相性とマッチング率との関係

Pairs公式サイトでは、相性とマッチング率の関係について下記のように紹介しています。

相性について
Pairs独自のアルゴリズムにより算出したお相手との相性度です。
相性が高いほどマッチング率が高いことが確認されています。
※相性はマッチングを保証するものではありません。おすすめの目安として参考になさってください。

引用元:https://support.pairs.lv/hc/ja/articles/115007090507-%E7%9B%B8%E6%80%A7%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

公式によれば相性が高ければ高いほどマッチング率は高いようですが、実際にPairsを使った実感としては、その精度に関しては正直なところ「飽くまで目安のひとつ」という印象を受けました。

マッチングする条件としてまず大事なのは顔です。ある程度写真についてもアルゴリズムに関与していますが「美人」「イケメン」などとAIが判断しているとはなかなか思えません。

さらに言えば、相性は関係なくハイスペックな人に人気が集まるのも自然の摂理です。

私が実際にPairsで恋活・婚活をした実体験から言えば、相性50%台の人とマッチングした事が何度もあります。メッセージで会話しても、そこまで相性の悪さは感じませんでした。

逆に相性90%の人だからといって「いいね!」をしても、いいね返してもらえなかったとか、メッセージ交換中に退会された経験もあります。

相性の数値は、公式のヘルプにある通り「参考程度」と思っておくのがいいでしょう。

マッチングアプリのおすすめランキング

マッチングアプリおすすめランキング



最後に:2019年7月最新・あなたに一番合った、美人やイケメンと週2デートできるアプリ

最後まで記事をご覧くださりありがとうございます😊とても嬉しいです。

さて、記事をご覧になった方は、可愛い若い女性との効率的な出会い方を探していたり、ハイスペなイケメンや韓国人と出会いを求めていたり、または青い目の白人の方や高収入の方との婚活の方法を探していたりしていませんか?

また、すでにマッチングアプリを使っていても、マッチしなかったりマッチしても会話が続かない、フェードアウトされてしまう、美女・ハイスペイケメンに出会えない…という方もいるかと思います。

数十種のうちからあなたに一番合ったベストアプリを使えば、普通の方でも週に2~3回、可愛くて若い女性やハイスペックな男性とデートすることができます。たくさんデートするということは、それだけ美女やイケメンと付き合い・婚活できる可能性も高まります。

合わないアプリを使っていては、いくらいいアプリでも、月額料金とメッセージの時間を無駄にだらだら浪費してしまいます…。

数十種類のマッチングアプリがiPhoneに入っている私ですが、マッチングアプリには相性があると言えます。アプリによって、年代別、目的別の会員数の違いがあるのです。マッチングアプリに多少詳しい人ならわりと常識です。

そこで、2019年7月最新版のマッチングアプリランキングをご用意しました。運営や料金など数点の基準を設け、厳選された良質なマッチングアプリのみを掲載しています。

自分の目的(恋活か婚活か)と年代(20代、30代など)を踏まえて、ぜひ↓をタップしてお読みください。あなたの目的と年代にぴったりのアプリをご提案します!

最新版の恋活マッチングアプリのおすすめランキングです!


↑をタップしてオタク厳選マッチングアプリランキングをご覧ください!