Dine(ダイン)はドタキャンが減った?ドタキャンが発生する原因とその対処法について解説

マッチングアプリのおすすめランキング

マッチングアプリおすすめランキング



※悪用しちゃダメ!彼女がたくさんできるマッチングアプリは↓をタップ↓
人気でおすすめなマッチングアプリのランキングです!

今回はマッチングアプリDine(ダイン)のドタキャンが減ったということについて解説します。
Dine(ダイン)ならではの仕組みを紹介とドタキャンが起こる原因についても見ていきます。
原因を理解することでドタキャンされにくい状況を作り出すことができるものの、ドタキャンはなくなるものではないので、もしされたときに利用したいDine(ダイン)のサービスも解説。

この記事を読むとこんなことがわかる

  • Dine(ダイン)はドタキャンが減った?その理由とは
  • Dine(ダイン)|ドタキャンが発生する原因について解説
  • Dine(ダイン)|ドタキャンの対処法について解説
  • まとめ|Dine(ダイン)はドタキャンが減った?ドタキャンが発生する原因とその対処法について解説

Dine(ダイン)はドタキャンが減った?その理由とは

マッチングアプリのDine(ダイン)は、メッセージのやり取りがなくてもデートができるともいわれるほど。
それは、お店でマッチングすることでデートから始まる仕組みとなっているからです。

そのため、他のマッチングアプリよりもデート成功率は高く、マッチングとともにお店の予約を行うので、ドタキャンされる割合も少なくなっています。

それでもマッチングアプリである以上ドタキャンはつきものですが、
Dine(ダイン)にドタキャン防止に役立つシステムが導入されました。
これがドタキャンが減ったといわれる理由です。

そのシステムはDineプロテクトという機能。
Dineプロテクトとは、予約したお店をドタキャンしないように、Dine(ダイン)でレストランを予約する時に、男女双方がクレジットカード情報を入力する仕組みです。
Dineプロテクトの対象店では、もしドタキャンが発生した場合はキャンセル料を徴収できるようになっています。
お店側がユーザーにキャンセル料を請求できるというシステムですが、結果的にユーザーにとってもドタキャンされにくくなるので嬉しいシステムです。

Dineプロテクトの対象のお店は、¥マークの右隣にマークがあるのが目印となっています。
Dine(ダイン)に掲載されている多くのお店が、このDineプロテクトを導入しているようなので、ドタキャンに対しての不安が軽減されます。

ただDineプロテクト利用時にはクレジットカードの情報は、Dine(ダイン)上には公開されませんが、フルネームは公開されてしまいますので、信頼できそうな相手とデートするなどの対策は必要です。

Dine(ダイン)|ドタキャンが発生する原因について解説

Dineプロテクトが導入されてもドタキャンの可能性はあります。
また予約したいお店がDineプロテクトの対象店でない場合もあります。

そのためドタキャンをされないようにするためにも、ドタキャンする側の理由を知っておくことも大切です。
そしてその理由をすべて潰しておけば自らドタキャンされる可能性を低くすることも可能になります。

デートまでの期間が長い

マッチングしてからデートまでに期間が開くと、お互いの気持ちの盛り上がりが欠けてしまうこともあります。
勢いのあるうちにデートをすることも時には必要となることも、おすすめは1週間以内です。

仕事が忙しい

出会いは欲しいけど仕事が忙しい。
こういう人がマッチングアプリを利用することは珍しくありません。
ただ、急な仕事などで予定が立てられず、普段から出会いがないとも言えます。
それはデートの予定も同じことで、日程を決めていてもどうしてもいけなくなることがあり得るということです。
この場合は、仕事終わりのデートではなく、休日などを利用することも方法です。

行くのが面倒になる人

軽い気持ちでマッチングアプリを利用する人やゲーム感覚でマッチングする人もいます。
この人たちはマッチングすることに目的を持っていて、デートすることに消極的です。
マッチング後のメッセージのやり取りで、デートに対して消極的な雰囲気があれば、ドタキャンの可能性があります。

会うのが怖くなる・慎重な人

マッチングアプリでは、誰もが初対面です。
メッセージなどで多少のやり取りや相手の写真が見れたとしても、不安はつきもの。
このような理由で、ドタキャンされないためにはデートまでのメッセージで安心感を与えたり、デートを楽しみに感じてもらえるような工夫が必要です。

このような理由でドタキャンされることがほとんどです。
そのためには説明したような対策や無理のないスケジュールを組んだり、会うまでにも毎日連絡を取るなど、することがドタキャンされないために必要になります。

Dine(ダイン)|ドタキャンの対処法について解説

工夫をしていてもドタキャンされることはあります。
それがマッチングアプリというものというぐらいの考え方が必要です。

そんなドタキャンされ、急遽予定がなくなった場合にでもDine(ダイン)にDine Tonightというものがあります。

Dine Tonightとは、当日の夜にデートできる相手を見つけられる機能になっています。

このDine Tonightは、デートでドタキャンされ場合だけではなく、誰かと食事したいと思った日に利用できる機能です。
当日のデートなので、ドタキャンされる可能性は低く、デートが成立しやすいのも特徴。

Dine Tonightは、毎日1回だけ募集を出すことができ、ランダムで30名ほどに届くシステムになっています。
希望のデートエリアもしくは飲食店を選ぶだけの募集で、募集を見て会いたいと思った相手の意志表示を承認すればマッチング成立です。
メッセージで待ち合わせ時間や場所などを決めて、デートする流れになります。

通常のようにお店の予約はできないので、事前にお店を考えておくことは必要ですが、ドタキャンされにくいデートができるので、うまく使えれば効率のいい機能といえます。

マリッシュ退会手順

まとめ|Dine(ダイン)はドタキャンが減った?ドタキャンが発生する原因とその対処法について解説

今回は、マッチングアプリのDine(ダイン)のドタキャンが減っている理由と、ドタキャンの原因と対処法について解説しました。

この中で紹介したDineプロテクトとDine Tonightは、ドタキャン対策としては優れた機能を持っています。
マッチングアプリなので、ドタキャンはあると自覚していても、されると悲しいものです。
それでもこのような機能使えば、キャンセル料が発生しても自分の分だけだし、急に予定が空いても別の相手が見つかるかもしれません。

こんな機能があるDine(ダイン)であれば、ドタキャンされて、マッチングアプリを利用することが嫌になることも少なくなりそうです。

マッチングアプリのおすすめランキング

マッチングアプリおすすめランキング



最後に:2020年6月最新・あなたに一番合った、美人やイケメンと週2デートできるアプリ

最後まで記事をご覧くださりありがとうございます😊とても嬉しいです。

さて、記事をご覧になった方は、可愛い若い女性との効率的な出会い方を探していたり、ハイスペなイケメンや韓国人と出会いを求めていたり、または青い目の白人の方や高収入の方との婚活の方法を探していたりしていませんか?

また、すでにマッチングアプリを使っていても、マッチしなかったりマッチしても会話が続かない、フェードアウトされてしまう、美女・ハイスペイケメンに出会えない…という方もいるかと思います。

数十種のうちからあなたに一番合ったベストアプリを使えば、普通の方でも週に2~3回、可愛くて若い女性やハイスペックな男性とデートすることができます。たくさんデートするということは、それだけ美女やイケメンと付き合い・婚活できる可能性も高まります。

合わないアプリを使っていては、いくらいいアプリでも、月額料金とメッセージの時間を無駄にだらだら浪費してしまいます…。

数十種類のマッチングアプリがiPhoneに入っている私ですが、マッチングアプリには相性があると言えます。アプリによって、年代別、目的別の会員数の違いがあるのです。マッチングアプリに多少詳しい人ならわりと常識です。

そこで、2020年6月最新版のマッチングアプリランキングをご用意しました。運営や料金など数点の基準を設け、厳選された良質なマッチングアプリのみを掲載しています。

自分の目的(恋活か婚活か)と年代(20代、30代など)を踏まえて、ぜひ↓をタップしてお読みください。あなたの目的と年代にぴったりのマッチングアプリのおすすめをご提案します!

人気でおすすめなマッチングアプリのランキングです!


↑をタップしておすすめのマッチングアプリランキングをご覧ください!